Forza Viola! フィオレンティーナを徹底的に尾行してやる! on Blog 基本はフィオレンティーナネタですが、一応海外サッカー・Jリーグ情報も扱っています。 気軽にコメントしていってください。

Casino Treasure! 今すぐDawnload!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/84-1f00b121

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今節のフィオレンティーナ Vol.31

今節からミラン(A)、ローマ(H)、ユーベ(A)と強豪揃いとの3連戦。
欲は言わないから前半と同じように3試合で勝ち点4を希望。
アウェーはドローでいいが・・・

今節のミラン戦はアルテミオフランキでは3-1で撃破。
現在ミランは絶好調でしかも今回はアウェー。
どう考えても苦しい戦いになるがなんとか勝ち点を拾って欲しい。


ミラン 3 - 1 フィオレンティーナ
ミラン:シェフチェンコ、カカ、ガットゥーゾ
フィオレンティーナ:トーニ

GK:ロボント
DF:パンカロ、ウイファルシ、クロルドルップ、パスクワル
MF:ヒメネス(64分ボジノフ)、フィオーレ、ブロッキ、モントリーヴォ、ヨルゲンセン
FW:トーニ(77分パッツィーニ)

スタメンは4-2-3-1でヒメネスがトップ下。
フィオーレが左でヨルゲンセンが右をやっていた。

さて、大一番を前にカード累積やら怪我やらでベストメンバーは組めず。
出場した選手の中にも万全じゃない選手は多い。(トーニ、パッツィーニ、ブロッキ等)
更に6日で3試合というハード日程での疲労。
厳しい時期に厳しい相手と戦うには90分は長すぎたようだ。

前半は少し相手のほうが押し込んでいた感はあるが、対等に戦えていた。
開始から5分くらいまではヴィオラのペース。
トーニが2本シュートを打つなど上々の立ち上がりだった。
しかし、5~10分は逆にミランペース。
この5分間でコーナーを5回は与えたと思う。
この猛攻を耐えカウンターを仕掛けて得たセットプレーからまさかの先制。
この辺りからゲームは落ち着く。
10分後くらいにはあっさり追いつかれてしまったが追加点は与えず前半終了。

さて、このまま終わってもいいやと思いながら始まった後半。
開始早々にドフリーのカカにヘッドで決められ勝ち越される。
この辺から集中力が切れたのか何も出来なくなり防戦一方。
10分後くらいにはガットゥーゾに見事なゴールを決められ致命的な2点のビハインド。

プランデッリもFWを2枚にし逆襲を計ろうとするが何も出来ず、打つ手なしと見たのかトーニを休ませてゲームセット。

今のミランを相手にするのにはベストメンバーでも厳しい・・・
とにかく何もさせてもらえなかったと言っても過言ではない。
中盤のプレスがきつく完全に中盤は支配されていた。
これが欧州で戦うクラブとそうでないクラブの差なのかな。
来季はこの実力差がどこまで埋まるか楽しみだ。

とは言っても今季はミラン相手に1勝1敗で4-4と結果は互角。
これは胸を張っても良い。

さて、今週末はホームでCL圏を賭けた直接対決。
オリンピコでは当時不調だったローマ相手に1-1のドロー。
今は立場が逆転しつつある状態。
直接対決に勝って夢に一歩近づいて欲しい。
(が、あくまでも私の希望はUEFAに回ること。)

得失点シーン

得点:
1点目
敵陣右の深い所で得たセットプレーをパスクワルが蹴りファーサイドのウィファルシへ合わせる。
ウィファルシがカカ?に競り勝ち中央へ走りこんできたトーニに折り返す。
これをトーニがきっちり押し込んで先制。

失点
1点目:
エリア内の密集地帯からピルロ?がエリア内左に抜け出たシェバにスルーパス。
シェバのポジション的にゴールを狙うには難しい位置だったが中央へパスは出さずニアサイドに豪快にシュート。
ロボントがニアサイドをあけていたためゴールに突き刺さる。
ロボントのミスかな。最近どうしたんだろう。

2点目:
エリア外右からビリーがエリア内左に居るカカへピンポイントクロス。
カカは何故かフリーでいいコースへヘッドで突き刺す。
なぜカカはドフリーだったのでしょうか。
急造CBコンビだから仕方ないといえば仕方ないが・・・
ミランはビリーが出てる時はキャプテンはシェバじゃないんだね。
ビックリした。

3点目:
左コーナーキックから。
セードルフがせこくwショートコーナーでセルジーニョへだす。
セルジーニョがエリア外左45度くらいの位置に居るガットゥーゾへパス。
これまた何故かドフリーなガットゥーゾが豪快にミドルシュート。
ゴール左隅に突き刺さってゲームを決定つけられた。


ダイネッリが戻ってくれば少しはましになるのかな?
守備の建て直しをしっかりしてローマを叩いて欲しい。
正念場だけに何とか乗り越えてくれ!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/84-1f00b121

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

ブログランキング

FC2ブログランキング
サッカーブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。