Forza Viola! フィオレンティーナを徹底的に尾行してやる! on Blog 基本はフィオレンティーナネタですが、一応海外サッカー・Jリーグ情報も扱っています。 気軽にコメントしていってください。

Casino Treasure! 今すぐDawnload!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/63-a360865c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

俺はここに残る

さて、ヴィオラのゲームが未だに見れていない。
私はネタバレすると見る気が失せるタイプなのだが、ヴィオラのゲームは見ないわけにはいかない。
今節は勝ったというのを知っているので、前半早々2点のビハインドを背負っても安心して見られる。
いつもと違った感覚で違う所を見てみよう。

さてさて本来サボり魔な私は見て無いから書かないというようなことを続けているとそのうちこのBlogを放り出してしまいそうなので今日は違うネタを書いてみる。
と言ってもサッカー関係のネタだが。

今どうしても読みたい本がある。
今というよりは今更か・・・

ソルダティーノことアンジェロ・ディ・リービオの自叙伝「IO RESTO QUI」、そうあの偉大なキャプテンの本だ。
タイトルを和訳すると「俺はここに残る」。
降格してもチームを去らなかった偉大なキャプテン。
年棒が1/10になると言われても
「難しい決断ではなかった。人生にはお金よりも重要なものがあるんだ」
「フィオレンティーナのキャプテンとして、降格したことや破産したことをみんなに思い出させたくない。フィレンツェは我々にとてもよくしてくれたし、今回の決断はそれに報いるためのものなんだ」
「私にとってフィオレンティーナのセリエB降格は、イタリア代表がワールドカップで早々に敗退した事よりも悲しい出来事だった。しかしここから情熱を持って巻き返して見せるよ。フィオレンティーナを再びセリエAに昇格させるんだ。」
等言ってのけチームに残留した。
そのおかげかC2優勝に貢献(重傷を負い殆ど出ていないが)、そしてBでプレーオフに滑り込みAへ復帰出来た。

さてこの本はAに復帰した後位に出たわけなのだが、半年くらい前にその存在を初めて知った(恥
日本ではもちろん販売されてなく、またアマゾンで探しても見つからない。
どうしたら手に入るのか誰かいい案をください。

私はもちろんイタリア語はさっぱりわかりません。
でも、自力で翻訳してでも読みたい。
海外(イタリア)のオンラインブックストア?みたいなところで探せばいいのかな?
それよりフィレンツェまで行ってしまえと言われればそれまでだが。

新婚旅行がてら行って来るか・・・


現在彼は何をしているのだろうか。
即フロント入りするかと思っていたのに、オフィシャルを見ても名前はずっと無い。
監督やるのかフロント入りするのか・・・

いずれでも良いので元気な姿を見せて下さい。
フィレンツェに行ったら会えるかな?w
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/63-a360865c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

ブログランキング

FC2ブログランキング
サッカーブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。