Forza Viola! フィオレンティーナを徹底的に尾行してやる! on Blog 基本はフィオレンティーナネタですが、一応海外サッカー・Jリーグ情報も扱っています。 気軽にコメントしていってください。

Casino Treasure! 今すぐDawnload!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/59-fd8b8c8b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

チャンピオンズリーグ 1stレグ

ミッドウィーク二日連続はきついが好カードが目白押しだったし頑張って見た。
当然Liveでは1試合しか見れないので他のゲームはハイライト程度だが。
元気と暇があったら再放送を見よう。

頑張れイタリア勢。


・バイエルン・ミュンヘン 1 - 1 ミラン
バイエルン:バラック
ミラン:ジラルディーノ

呑んで家に帰ったのが3時。
しかも徹夜で観戦。
半分くらい意識が飛んでいたため内容はほとんど覚えていない・・・
素直に寝ればよかったと後悔。
開始前の個人的予想はバイエルンの圧勝。
最近のミランのDFの崩壊っぷりからすると厳しいかなと思っていた。
が、結果はバイエルンにとって苦しいアウェーゴールを奪われてのドロー。
バイエルンはかなり苦しくなったがあまりアウェーを苦にするタイプと思わないのでサンシーロでの逆襲に期待する。

バラックのゴールはお見事としか言いようが無い。
一方PKに拠る失点は不運としか言いようが無い。
ホームなんだしあれはPK取らなくても良かったのでは・・・

・ベンフィカ 1 - 0 リヴァプール
ベンフィカ:ルイゾン

アウェーだから引き分けで十分と思っていた時間帯の失点。
相手を甘く見ていたのか状態が悪いのかは知らないがジェラードはベンチスタート。
結果負けてしまったわけだが許容の範囲。
2ndレグで王者が意地を見せれるかが見物。

・レアル・マドリード 0 - 1 アーセナル
アーセナル:アンリ

数年前なら垂涎もののカードだったが最近ぱっとしない両チーム。
どちらが勝ち抜けるか全く予想がつかない。
個人的にはアーセナルと予想。
結果はアウェーのアーセナルの勝利。
アンリのゴールは素晴らしかった。
また、ウッドゲイトの故障は残念だった。
マドリーは早々と消えるのかな・・・
ハイバリーで意地を見せてもらいたい。
特攻して虐殺されそうだが・・・

・PSV 0 - 1 オリンピック・リヨン
リヨン:ジュニーニョ

国内でも欧州戦でも快調なリヨンが勝利。
予想通りここは楽に勝ちあがりそう。
ジュニーニョのゴールは圧巻。
次も順当にリヨンが勝って抜けるか。

・チェルシー 1 - 2 バルセロナ
チェルシー:OG(モッタ)
バルセロナ:OG(テリー)、エトー

二日目屈指の好カード。
予想はかなり困難だがバルサの勝ち抜けを希望。
ゲームは序盤からかなり激しくかなり緊迫したゲームだった。
チェルシーの守備、特にマケレレ、テリー、ツェフの出来が素晴らしくいくらバルサといえどもチャンスらしいチャンスは作れなかった。
しかし、バルサは持ち前のポゼッションサッカーでだんだんゲームを支配し、ボールポゼッションは60%を記録するほどになった。
前半40分手前あたりでデル・オルノがメッシーをチャージでふっとばし一発退場。
この判定はイエローレベルだと思うが、その前にデル・オルノは危険なプレーをやらかしているのでレッドを出されたのだと思う。
一人少なくなってからはチェルシーは防戦一方。
バルサは圧倒的にボールをキープし攻めているのだが決定的チャンスが中々作れずゲームは後半中盤へさしかかる。
驚くことに先制点を挙げたのはチェルシー。
ランパードのプレースキックをバルデスとモッタが交錯しモッタに当たったボールがゴールへ・・・
バルサは反撃に出るためにラーション、シウビーニョと立て続けに投入し反撃開始。
そして後半25分についにバルサが追いつく。
これまた今度はテリーのOGで同点。
テリーの出来自体はかなり良かったし、この失点は責められるものではない。
益々勢いづいたバルサは中盤で奪ったボールを右よりの位置に居たロナウジーニョがエリア左位の位置を上がって来たラーションへスルーパス。
ちょっと流れてラーションはシュートできなかったがオーバーラップしてきたマルケスへバックパス。
これをマルケスが中へ入れエトーが飛び込んで来てヘッドで勝ち越しのゴール。
素晴らしい連携で完全に崩した中でのゴールだった。
この後も試合終了までバルサの猛攻は続く。
決定的チャンスを何度も作りエトーやラーションがシュートを打つが、ツェフ、テリーがことごとく跳ね返す。
そして点数は動かないままゲームセット。
バルサが敵地で2点とって勝利。
ボールポゼッションは脅威の63%。
魅せながら勝つという最近のサッカーの常識を覆す内容だった。
チェルシーも一人少なくなりながらも鉄壁の守備陣が良く守ってとても見ごたえのあるゲームだった。
残念だったのはピッチコンディションが最悪だったこと・・・
あれは酷すぎる・・・

さて2ndレグは圧倒的有利な状況でカンプノウで行われる。
決して絶望的な条件ではないがチェルシーは苦しいのは確かだ。
2-0もしくは3-1と2点差以上の勝利を要求される。
攻めるしかないチェルシーと決して引き籠らないで迎え撃つだろうバルサのゲームが非常に楽しみだ。

・グラスゴー・レンジャーズ 2 - 2 ビジャレアル
レンジャーズ:ローヴェンクランズ、OG(ペーニャ)
ビジャレアル:リケルメ、フォルラン

大方の予想はビジャレアル。
レンジャーズは今季は国内でも最悪でここに残っているのが不思議な感じ。
ホームで何とか負けなかったという面子は保てたがビジャレアルが圧倒的有利で2ndレグを迎える。
いくら有利とはいえ負けると全てが終わるので何も失うものはないレンジャーズにもまだチャンスはある。
勝てばいいだけ。
結果はどうなるか分からないが、次もバルサ-チェルシーを見るのでゲームは見れない・・・

・ヴェルダー・ブレーメン 3 - 2 ユヴェントス
ブレーメン:シュルツ、ボロウスキ、ミクー
ユヴェントス:ネドベド、トレゼゲ

圧倒的にユヴェントス有利の予想。
私のCLの本命はユヴェントス。
もちろんここも楽に勝つと予想していた。
意外にと言っては失礼だが先制したのはブレーメン。
(ブンデス屈指の攻撃力だったな・・・)
バルサ戦を見ながらネットでスコアの確認をしてて冷や冷やしてたが、後半に入ってようやくユヴェントスが追いつき、更に勝ち越しゴールを挙げる。
これで私は勝ち抜けを確信していたのだが、ゲームも終わろうかとする87分に追いつかれる・・・
2点とって敵地でドローなら問題ないと思っていたらロスタイムにミクーに押し込まれる・・・
そりゃ無いよセリエ王者。
次はホームで恐らくザンブロッタも復帰するだろうから大丈夫と信じているが、最近の守備の崩壊っぷりには冷や冷やさせられる。
2ndレグはきっちり得意の1-0で締めて欲しい。
デルピエロをスタメンで使えよ!

・アヤックス 2 - 2 インテル
アヤックス:フンテラール、ロサレル
インテル:スタンコビッチ、クルス

楽勝でインテルの勝ち抜けと予想していたが、フンテラール加入後絶好調のアヤックスはこのゲームでもいきなり主導権を握った。
前半16,20分と立て続けにゴールをあげインテルはやっぱりインテルかと思わされてしまった・・・
しかし、インテルも後半頭にスタンコビッチがゴールを上げ一点差にし、終了間際にフィーゴ→カンビアッソ→クルスと流れるようなパスワークからゴールしついに追いつく。
(フィーゴのスルーパスで勝負あり!という感じだった)
結局2点とって敵地でドローのインテルが圧倒的有利に。
2ndレグで笑いを取らないように頑張って欲しい。

以上

2ndレグが待ち遠しい。
(二週間後です。)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/59-fd8b8c8b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

ブログランキング

FC2ブログランキング
サッカーブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。