Forza Viola! フィオレンティーナを徹底的に尾行してやる! on Blog 基本はフィオレンティーナネタですが、一応海外サッカー・Jリーグ情報も扱っています。 気軽にコメントしていってください。

Casino Treasure! 今すぐDawnload!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/39-1ca80f18

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今節のフィオレンティーナ Vol.22

プランデッリはゲーム前から公言していた。
「ツートップで行く」と。

前節のパッツィーニの働きを見ると当然だろう。
今回はアウェーなのに久しぶりにツートップスタートとなる。
これがどうなるか・・・

さて、結果。

ウディネーゼ 0 - 0 フィオレンティーナ

GK:ベルティ(56分ロボント)
DF:パンカロ、ダイネッリ、クロルドルップ、パスクワル
MF:フィオーレ(81分ヒメネス)、パツィエンツァ(36分モントリーヴォ)、ドナデル、ヨルゲンセン
FW:パッツィーニ、トーニ

結果だけ見れば全然OKだが、全く見所が無いスコアレスドロー。
最近のアウェーでのゲームは酷い内容のゲームが多すぎる。
収穫といえば、GKの二人とクロルドルップだけ。
怪我をおして出場したベルティも途中交代で入ったロボントも中々の出来だった。
あまり攻められなかったから出番もあまり無かったがロボントはディ・ナターレとの1VS1を確実にセーブした。
クロルドルップはマークを外すことなくきっちり抑えていた。
ただ一度空振りをしてディ・ナターレの独走を許してしまったが・・・

攻撃面は散々。
アウェーでボールポゼッション57%と言っても内容は褒められるものではなかった。
前半早々に数的有利に立ちながら決定的チャンスは皆無に等しかった。
トーニは前を向くことが出来ずパッツィーニはボールが来るたびに吹っ飛ばされる。
ヨルゲンセンは何度かチャンスをメイクしたが効果的なパスは出せず、ドナデルが放つミドルシュートも全部枠の外。そして、フィオーレはお得意の存在感無し。
正直お手上げだった。
プランデッリの采配は意図が感じられたが、モントリーヴォ、ヒメネスが期待に応えられなかった。
ヒメネスは出場時間が短かったがあの唯一に等しい決定的チャンスは決めるべきだった。

やはり今の戦術、システムでは中堅以上のクラブ相手だと厳しいものがある。
特に今回は数的不利になったウディネーゼが引き気味になったせいもあるが、彼らのように素早く的確なチェックをされるとお手上げ状態になる。
トーニが前を向かせてもらえないと何も出来なくなる。
今回はブロッキが居なかったせいもあるが中盤でボールが奪えなく、纏まらなく、展開できなかった。
数的優位に立ったのでプランデッリは攻撃的にモントリーヴォを投入したのだが、彼にはまだ荷が重かったようだ。
膠着した状態を打破できるようなスーパーサブ的存在な選手が欲しい。
つくづく層が薄い中盤だと思い知らされた。
次節はホームで格下レッチェ戦。
無様なゲームは許されない。


ベルティ:
大したピンチもなく安定していた。
怪我をしていたとは思わなかったが・・・

ロボント:
ディ・ナターレと1VS1の局面は前に詰めてシュートコースを上手く狭めファインセーブ。
久々に見たが全然悪くない。
次からはスタメンだろう。

パンカロ:ディ・ナターレに遊ばれていた。
裏を取られすぎ。
中々攻撃参加していたが、決定的なクロスは出せず。

パスクワル:
シーズン前半に見せていたあの正確なクロスは何処へ行ったのか。
得意の位置からのアーリークロスもことごとくマイナス。
そして、カード貰いすぎ・・・

ダイネッリ:
最近は非常に安定している。
ボールを持ったディ・ナターレに追いつけなかったのが不安だが・・・

クロルドルップ:マークを外さないし上手いディフェンスを見せるが、一瞬危ないミスをやらかした。
空振りは勘弁・・・

フィオーレ:
出来の波が激しすぎる。
最近は存在が薄い。
シーズン前半に見せていたような思い切ったプレーをして欲しい。
そうすれば結果はついて来そうだが。

ヨルゲンセン:
何度か相手の裏を取りエリア内に進出できた。
ラストパスが味方に渡らなかったが、今回の攻撃陣の中では良かった。

ドナデル:
積極的に攻撃参加し、積極的にゴールを狙ったが実らなかった。
1試合休んだせいか動きは随分良かった。

パツィエンツァ:
不運なイエローカードを貰ってちょっとカリカリしてた印象。
(何でイエローカード貰ったのか分からない)
数的有利に立つとモントリーヴォに変えられた。

モントリーヴォ:
数的優位に立ったので攻撃的に行くためにボランチの位置へ。
守備面で不安があるリスクを背負っているのに攻撃でもあまり貢献できず。
パスミスが多かった気がする。
逆に意外に守れてた気もする・・・(気のせいかも)

ヒメネス:あの決定的チャンスは決めておきたかった。
フィオーレの調子が今一な時は早めに投入して欲しい選手。
10分程度じゃ何も出来ない・・・

パッツィーニ:
ボールを貰うたびに体が宙を舞っていた。
とにかくウディネーゼのディフェンスに苦しみ前を向くことは出来なかった。
シュートを打ったかどうかも記憶に無い。

トーニ:
パッツィーニと同様激しいチェックの前にいつものプレーが出来なかった。
効果的なクロスも入らなかったしこんなもんでしょう。

さて、次節に向けてどういう風に変えてくるか見ものです。
今節はベストメンバーが組めなかったとは言え、不甲斐ない内容。
ブロッキとウィファルシが復活できるかは知らないが頼むよプランデッリ!

おまけ:
セーハスがエンポリでスタメンデビュー。
おめでとう。
負けてたけど・・・
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/39-1ca80f18

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

ブログランキング

FC2ブログランキング
サッカーブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。