Forza Viola! フィオレンティーナを徹底的に尾行してやる! on Blog 基本はフィオレンティーナネタですが、一応海外サッカー・Jリーグ情報も扱っています。 気軽にコメントしていってください。

Casino Treasure! 今すぐDawnload!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/10-a6f4107d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] ブログ開設おめでとうございます

ブログ開設おめでとうございます。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】に登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
各カテゴリ上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
  • 2006-01-20
  • ヵヮィィ☆ブログランキング
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

今節のフィオレンティーナ Vol.20

さて折り返しの後半戦初戦。
相手は開幕戦で勝利を飾ったサンプドリア。
アウェーなので勝てとは言わないけど負けないで欲しい所。
サンプドリア 3 - 1 フィオレンティーナ
サンプドリア:パロンボ、トネット、フラーキ
フィオレンティーナ:トーニ

GK:セハス
DF:ウイファルシ、ガンベリーニ、ダイネッリ(27分ディ・ロレト)(55分パンカロ)、パスクワル
MF:ブロッキ、ドナデル、パツィエンツァ、ヨルゲンセン、フィオーレ(46分パッツィーニ)
FW:トーニ

今回はめまぐるしく動いた。
プランデッリは悪いと思ったら行動が早い!
これが長所であり短所であるわけだが・・・

まず、スタメンは毎度の4-2-3-1。
今回はディ・ロレトじゃなくてダイネッリが先発でキャプテンだ。
中盤は左からヨルゲンセン、フィオーレ、ブロッキでダブルボランチにドナデルとパツィエンツァ。

二点取られてダイネッリ→ディ・ロレトで最近の最終ラインに。
(ダイネッリは出番が減りそうな感じ・・・)

後半は2点ビハインドだったし予想通りパッツィーニを投入して2TOPに。
交代選手がフィオーレと言うのは想定外だったが・・・
確かにフィオーレ消えていたけれども。

後半に入ってディ・ロレトもダメとみるやディ・ロレトに変えてパンカロを右SBにし、ウィファルシを中央に。
正直4バックでウィファルシのセンターとか考えたくないのだが、意外に安定していた。
これは最終手段って事なら有り。
調子に乗って次節ウィファルシをセンターで使うのは止めて欲しい。
(3バックなら有りなんだけど)

さて、今節はヴィオラがダメ過ぎたわけじゃなく、サンプドリアが良すぎた。
失点シーンはいずれもファインゴールだった。
しかし、失点の原因はやはり二度もバッツァーニをフリーにしたダイネッリとディ・ロレトにある。
ダイネッリは久々にスタメン起用してもらったのにこれじゃもうスタメン復帰は厳しいかな・・・

ただ、今回は相手が悪かったというのもある。
今回は二人ともバッツァーニにちんちんにやられてたのだが、バッツァーニは得点こそ挙げてないが全ての得点に絡み間違いなくMOM級の働き。
でもダイネッリはことごとく競り負けてたし変えられても文句は言えない。
ディ・ロレトも同じ。
バッツァーニに競り負けるわ、フラーキに走り負けるわでは・・・
やっぱりここは補強しないとダメだ。
ガンベリーニはいつもどおり無難。良くも悪くも無難。

今回の失点はセハスには非は無いのか?
しっかりとDFに指示を出せていたならあそこまでDF陣がやられるのか?
セハスはもう少し見てみないと分からない。
が、2、3回ほど決定的チャンスを防いでるので個人的にはまだまだチャンスを与えてもらえるんじゃないかと思う。
(その前に他にろくなGKが居ないしw)

一方攻撃陣は殆ど何も出来なかったと言っても過言ではない。
結構な数のセットプレーも生かすことが出来なかった。
トーニに関しては泥沼の6試合連続ノーゴールの呪縛を解き放つことが出来たかのような動きだったが。
得点は見事だったし、2本GKの正面だったシュートもポジション、シュートは良かった。
ただ今回はサポートに恵まれなかった。
左のヨルゲンセン、パスクアルはゼノーニとでディアーナに沈黙させられ、右のブロッキとウィファルシは守備に追われて攻撃所じゃない状態。
中央でフィオーレが孤立し、攻撃手段はトーニに当てて拾うかセットプレーしかなかった。
後半に入ってからもFWが2枚になったものも中盤が全く替わってないから悪い状態を脱出できず。
ヒメネスとかサイドのスペシャリストを入れて勝負に出るくらいの博打をして欲しかった。
(2点差で負けてたんだし)

パッツィーニはヤル気が感じられた。
が、今回は何も出来なかったに等しい。
中盤があんな状態じゃ無理か。
腐らずに頑張って欲しい。

ああ。
やっぱりサンプドリアが良すぎたとしか考えられない。
前半1-2までは非常に面白い試合だったんだけど、そこからは一方的にやられだして目も当てられない状態だった。
後半20~40位なんて記憶に無い!(あまりにもやられ過ぎて半分寝てた・・・)

建て直しだ。
週末に直ぐゲームがあるので時間が無いけどなんとか立て直して欲しい。
相手はメッシーナだし負けは許されない。
頼むよプランデッリ。

得点シーン:
左からのコーナーキック?をダイネッリorガンベリーニが競り合って流れたボールをトーニがDFに競り勝ってヘッドで叩き込む。打点が高い!

失点シーン:
1点目:
放り込まれたボールをバッツァーニとダイネッリが競り合ってバッツァーニが落とした浮き球をパロンボがバイシクル。ゴラッソー。ちなみにブロッキが死ぬ気になってれば何とかなったかもしれない。

2点目:
エリア内でごちゃごちゃやっていて毀れたボールがエリア外へ。そこへ走りこんできたトネットが豪快にミドルシュート→ゴール左隅へ。アウトにかかってたしあれはGKはどうすることも出来ない。ゴラッソー。トネットを褒めるべし。ちなみにブロッキが死ぬ気になってれば何とかなったかもしれない。

3点目:
放り込まれたボールをバッツァーニとディ・ロレトが競り合ってバッツァーニが流したボールに走りこんできたフラーキが頭で合わせて難なくゴール。これはブロッキは関係ないw


次節はアルテミオフランキでメッシーナ戦。
日曜28:45。眠たい目を擦りながら勝ち試合を見たいと思いますのでヨロシク。

相手もぬるいしヒメネスを使う予感。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://calcioviola.blog46.fc2.com/tb.php/10-a6f4107d

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1] ブログ開設おめでとうございます

ブログ開設おめでとうございます。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】に登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
各カテゴリ上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
  • 2006-01-20
  • ヵヮィィ☆ブログランキング
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カウンター

ブログランキング

FC2ブログランキング
サッカーブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。